c0094013_357842.jpg
この間の買い付け日記にも書きましたが、
最初のヴァンヴの蚤の市で、大量に仕入れた物たちの中にあった
ヴィンテージのカラフルな糸巻きです。

1940年代くらいだそうです。DMCです。
c0094013_405795.jpg
一個ずつかセットにしようか迷い中です。どうしましょう。

状態は良いので、手縫いでしたら使えます。
5月の埼玉の骨董アンティークフェアに持っていく予定です。

こういう糸とか、レースとかの手芸材料を見ていると、
店長(なぜか)をしていた、渋谷の輸入手芸材料屋さんを思い出します・・・

仕入れとか棚卸しとか、毎日遅くまでひとりで残業して
すっごく大変だったけど、楽しかったなあ。
毎日、手芸好きな方々や作家さんが、全国から訊ねて下さっていました。

下から上がって来るクレープやガレットの良い香りで、お腹がいっぱいになって
お昼ごはんが、なかなか食べられなかったなあ。

その歴史あるお店も、先月セールをして、とうとう閉店してしまいました。
同じ会社の違うブランドの雑貨店になってしまいます・・・う~っ。

あ~あ・・・思い出の場所がまたひとつ消えました。
切ないなあ・・・
# by chococo_paris | 2010-03-05 03:51 | *NEW ITEM | Comments(0)

c0094013_4353998.jpg
1月31日夕方
ヴァンヴの蚤の市と地方のブロカントを終え、
クリニャンクールの蚤の市に来ました。

お客さんが少なくなったなあ・・・と感じます。
冬だからかも知れませんが、昔は狭い通りを、
すれ違うのも大変な時期もありました。

商品も、とっても高いので買う人は少なく、
皆さん観て廻っているだけです。

それでも、やはりここは可愛いもの、売っています。

可愛いなあ・・・欲しいなあ・・・でも高いなあ・・・と、
わざと聞こえるようにフランス語でブツブツ言って見ていると、
「00ユーロでいいよ。」という声が。

耳を疑いました。人々もお高くとまってるクリニャンクールのお店の
人が値引き???うっそ~。

もちろん購入。

それから、あちこちで普段しない値段交渉を控えめにしてみると、
・・・全て交渉成立。

あーここもかあ。本当に不景気だ・・・と思いました。

あるレース屋さんは「最近は、本当に買ってもらえないのよ。売れなければ
仕入れる事が出来ないから、新しいのは無いのよ。自分のコレクションを
家から持って来て、売りたくないものも安く売っている。」
だそうです。切ないです・・・
c0094013_502923.jpg
↑金属のパーツ屋さん。選んでると、手が真っ黒になります。
c0094013_515085.jpg
↑屋内の市「Marché Dauphine」の上の階は、紙物屋さんが沢山あります。
ポストカードを売ってるところも5件ほどありますが、最近は新しいのが
入荷しておらず、枚数が減っていくだけです。

「新しいの持って来るから日曜日おいで!」と言っていたカード屋さんが
閉まっていました・・・ううっ・・・
隣のお店のおじさんに「約束通り来たよって伝えてね。」と頼みました。

2月1日月曜日

今日もクリニャンクールに。買い付けは今日で終わり。
1月18日に来た、紙物屋さんでまた一日中カード選びです。

カードは、もうあまり見るものがありませんでした。
去年までは、3日間通っても終わらなかったのに、
一日半で終わってしまいました。

仕方が無いので、クロモスを片っ端から探しました。
5000枚くらい見ましたが、20枚くらいしか買えませんでした。

ちょっとがっかり・・・力が抜けて、お腹がすいてきました。
近くのカフェでご飯を食べて帰りました。
c0094013_5324435.jpg
c0094013_533057.jpg
鴨のコンフィ・パスタ添え。
ピシェのワインにデザートはクレーム・キャラメルです。

この蚤の市のはずれのカフェ(ビストロともいう)「La Pericole」は、
カード屋さんのおじさんのお勧め。とても美味しいです!

明日は、梱包とおみやげ探しを終えてから、日本へ帰ります。

いつものように長~い買い付けでした。
日記も長くてすみません・・・

クリニャンクールの蚤の市のサイトです↓
puces de Paris St Ouen
http://www.parispuces.com/fr/

La Pericole
2 Rue Jules Vallès, Saint-Ouen, Seine-Saint-Denis, France
# by chococo_paris | 2010-03-04 05:47 | *買い付け日記 | Comments(0)

c0094013_251156.jpg
1月31日午後
RERという郊外列車に乗って、「Viry-Chatillon」という小さな町のブロカントへ。

さすがに午後になると、お腹がすきますが、いつも一日中外の時は、
朝と昼ごはんは抜きです。トイレに行きたくなるからです。
トイレを探すのが大変なフランス、いつも時間がかかるのです。
近くにファミレスやカフェ、マックなどがあるといいのですが。

ネットで調べたら、このブロカント、600店とありましたので、
期待して来ました。
それにスーパーマーケットの駐車場で開催されるものは、
当たり!が多いのです。
c0094013_315264.jpg
二階建ての駐車場でした。
かなり大きなブロカント・・・
というか、Vide-greniere(不用品を売るフリーマーケット)ですね。

一般の出店者にとってアンティークものは
「押入れの奥から出てきた、捨てるか迷ったゴミ」でしかありませんので、
すっごく驚くほど安いんです。

プロの方も、もちろん出店していますが、
パリの蚤の市よりも、ずっと良心的なお値段です。

ですので、こういうところは、プロのアンティーク屋さんも買いに来ます。
そして、クリニャンクールなんかで5~6倍くらいの値段を付けていたりします。
c0094013_3121299.jpg
交通費と時間をかけて、地図を頼りに迷いながら
(他の迷い人と協力して一緒に探したりもします。)来る価値はあります。
たまにハズレもあるので、色々と下調べが大事です。

*スーパーマーケットの駐車場や大通り
*300店以上
*RERのC線上の南方面または、D線
*Vide-greniereだけではなくBrocanteの記載もあるもの
*プロが混ざっていること
*場所などの情報が細かに記載されていること
*定期的に開催されている

以上が今まで行った経験では、ハズレが無かったです。

今日の収穫は、お人形用のロザリオ、レース、ティン缶、
ポストカード数枚、キャニスターセット、1930年代の雑誌。

そして安くてビックリの紙物!
可愛いメモパッドと便箋にもなる古い書類シート。
ヴァンヴの蚤の市の10分の1以下の値段でした。
重いけど、沢山仕入れて来ました。

思ったよりサクサクと終わったので、パリに戻り
19時まで開いているクリニャンクールに行く事にしました。

トイレも、隣接しているファミレスで行く事ができました。


ブロカント検索は、昨日お教えした他にも色々あります。↓
http://www.mandon.fr/brocantes.php?l
http://www.ohvl.net/
http://www.pointsdechine.com/calendrier/calendrier.php?region=1&p_mois=-1
# by chococo_paris | 2010-03-03 03:49 | *買い付け日記 | Comments(0)

c0094013_5572119.jpg
1月31日
早朝7時から、またヴァンヴの蚤の市へ。

今日は、ずーっと居なかったカード屋さんが復活していました。
あ~でも、今日も氷点下なんです。

疲れも溜まってるし、迷ったのですが・・・
やっぱり選び始めちゃいました。

ずーっと使い続けていた「指サック」が、もうツルツルになって
使い物にならなくなって来ました。これつけていると、
「どこで買ったの??いいねえ、それ!」と良く言われます。

あるカード屋のおばさんは、「あっ!それ、私もBHVで買って持ってたのよ~。
お札数えるやつよね。でもね、ある日銀行に行った時に、ポケットから
無くなって、皆に探して貰って、でも見つからなくて、でねでね・・・続く」
という、どうでもいいような事を、延々と話されうんざりしたことも。

どうして、フランス人って、ひとつの事を題材に、ず~っと止まらないで
しゃべり続けるのでしょう・・・。
(あんたもだよ・・・と、言われそうですが・・・)

ところで、2~30枚に一枚くらいの高確率で、可愛いカード、ありました!

おじさんが、「これで手を温めたら?」と、お茶をおごってくれて、
椅子を持ってきてくれて、座り込んでひたすらカードを選んでいたら、

すっかり、お店の人に間違われました・・・

結構、接客してしまいました。
それも、仏語、英語、スペイン語、日本語で。

遠くから見ていたおじさんが、(何で遠くにいるのでしょう・・・)
「いいねえ!今日から僕達、一緒に仕事しようか!ねえ!」
と、喜んでいました。

常連のお客さんの「最近のねえ、お客のマナーがねえ・・」などの話相手に
なりながら、一緒に選んでいると、アジア人の男性のお客が、
大きなカメラでカードの写真を撮っています。

常連さんは激怒!
「これは、商品だぞ!写真を撮るなら買って行け!フランス語わかるか??」
と怒っても、アジア人のお客は「????」何が起こっているのか判らない様子。

仕方ないなあ、やれやれ・・・と思い、
「写真。禁止。」と、日本語と英語で言ってあげたら、ようやく判ったらしく
場を離れて行きました。中国の人だったかも。

わたしの方は、もう寒すぎて、そんな事どうでもいいのに、
常連のおじさんは熱くなっていました。

そのあと、とても感じの良い日本人の女性が「お花とか子供の
イラストのカード探してるんですけど。」と英語で訊ねてきたので、
教えてあげて「もしかしたら、日本の方ですか?」と聞いてみましら大当たり。

子供服のSHOWを観に出張でいらっしゃったそうです。
いいなあ~わたしも、そちらの仕事がいいです・・・

ここは、あまり無いので、市内のカード屋さんを教えて差し上げましたが、
「時間が無くて行けないです・・・行きたいな・・・」と
残念そう。そうか、出張も大変なのですよね。

と、3時間もかかってカードを選び、もう身体は感覚がありません。
でも口は動いて、よくおしゃべりした日でした。

他に収穫は、ドールの洋服屋さんが出店していたので、
そこでレースとドイリー、お人形のキャミソールなどを買いました。

少ない収穫で、次のブロカントに移動しました。


ふう・・・長~い買い付け日記で、すみません。
もうすぐ終わりです。

読んで下さって、本当にどうもありがとうございます。
# by chococo_paris | 2010-03-02 06:48 | *買い付け日記 | Comments(0)

c0094013_0354136.jpg
1月30日
極寒のブロカントを終えて、昨日見尽くせなかった「NUMICARTA」へ。

同じ会場で上の写真の「FESTI TOYS」も開催されていて、
どちらも同じ入場券で見ることが出来ます。

まず、昨日の続きからカードのブースを見始めました。

スピードアップして探さなくちゃ!
となりのドールとかも見たいし!
また店じまいが始まってしまう・・・

と、頑張って探し過ぎたのが、いけなかったのでしょうか。

だんだん胸が気持ち悪くなり、血の気が引いてきました。
目の前が白くなっていきます。

やばい!と思ったときには、床に倒れこんでいました。

周りのブースの方々はビックリ!

急いで椅子を用意してくれて、
「何がいい??水??コーラ??」
「み・・・みず、ください・・・」
と、お水を飲ませてもらって少し落ち着きました。

最近、太ってから貧血を起こして倒れることは無かったのですが、
昔はこういう風に、良く倒れていました。

まだフラフラしながら、またカードを捲り続けました。
だって、時間が無いんです。
周りの方々が心配そうに見ています。

ホテル勤務で鍛えた精神力ですね。
火傷をしても爪がはがれても、熱が40度あっても仕事は続けるというのが
身についてしまいました。

な~んて、昔は・・・です。辞めてからは、そんなこと忘れています。
この年齢で、まだそんな事を続けていたら死んでしまいます。

とにかく、皆さんにご心配とご迷惑をかけてしまいました。

でも、ここのブースの方が、可愛そうに思ったのか、とっても値引きして
下さいました。ラッキー!

残りのブースは、幸い?にも、欲しいものを言うと「持ってない」ところ
ばかりでしたので、時間はかからず。

会場内に設けられたカフェで一休みする事が出来ました。
休んでると、「さっきはビックリしたよ。空気悪いもんね。大丈夫?」
などの優しい声もかけてもらいました。

まずいカプチーノを飲んでいると・・・
「シャンパン・ボトル15ユーロ」の張り紙が・・・
飲んだら元気になるけど(本当です。)今日は一本飲めないなあ・・・
と、真剣に考えましたがひんしゅく買いそうでしたのでやめました。
倒れた後だし。

シャンパンは、私のガソリンです。

落ち着いたので「FESTI TOYS」のコーナーへ。
c0094013_1115495.jpg
ジオラマや小さなフィギャのようなものばかりでしたが、
アンティークのテディベア、ドールやドールの洋服、小物なども売っています。

お人形の洋服を作るのが、子供の頃から大好きだったので
また始めようと、小さなドールを探しましたが、
だいたいコレクションものばかりで高くて買えませんでした・・・

でも、可愛いもの見つけました!
ドール用のコサージュ!
それも「レースも含めて。これ全部買ってくれたら00ユーロで。」といわれ
買ってしまいました。
c0094013_1192238.jpg
上に写ってる大きいのは違いますが、全部可愛いです。

あと、ドールハウス用のお鍋と片手鍋セット、
イニシアル付きの小さなお菓子用のモールドセット。

もっと欲しかったのですが、お財布がカラに。
そして、ちょうどあちこちで店じまいが始まりました。
まだ4時になったばかりです。

お人形とポストカードということで、真ん中の広場では
「お人形と一緒の女の子」のカードが沢山展示されていました。
誰かのコレクションでしょうが、すっごく可愛いカードばかりでした。

会場の近くのカフェで、サラダを食べて帰りました。
c0094013_1341965.jpg
いつもの白ビールとサーモン&エビのサラダ、ブルーベリーのクレープです。

今度は、秋に開催されるテディベアのフェアに来てみようかと思います。
これです↓
THE 10th ONLY TEDDY BEARS SHOW IN PARIS
http://www.agdm.org/

FESTI TOYS
http://www.festitoys.com/
# by chococo_paris | 2010-03-01 01:39 | *買い付け日記 | Comments(0)

c0094013_1275363.jpg
1月30日
今日は土曜日なので、早朝7時からヴァンヴの蚤の市へ。
また最初の日のように収穫を期待しましたが、ティン缶2個と
レースをほんの少しだけ。

初日の、あの大収穫は何だったのでしょうか。
今日は一段と寒すぎて、出店数も少ないせいもあると思います。

がっかりして次の蚤の市へ。
16区のMaison de la Radioのそばで年に何度か開催される小さめの市です。
ブースは110店らしいです。

昔、このあたりに住んでいましたので、とっても懐かしいです。
自由の女神の像が、すぐ近くに見えます。

早速、レース屋さんを発見!
でも・・・この間行った15区のブロカントで沢山買ったお店でした。
見ると、私がもう、この間結構買ってしまったので、
残り物という感じで買うものは無し。

絵画や食器のお店が多かったです。
16区だからでしょうか。ちょっと高級アンティークばかり。

その中で、紙物屋さんを見つけました。
すっごく可愛いラベルが沢山!!

でも・・・すっごく高いんです。
消しゴムくらいのサイズの香水の素敵なラベルが15ユーロ~
最初、一袋15ユーロだと思って、大喜びで探し始めて
良く見たら・・・一枚の値段です。高~い!!16区プライスです。

でも可愛いので、買える値段のものを5枚くらい見つけで購入。
ネットショップのほうにアップしますね。

カード屋さんもありましたが、一枚もいいものがなく
買わないで、さっさと次のブロカントへ移動しました。

次は、Stade Charlety という競技場で開催されるブロカントです。
c0094013_1533231.jpg
しかし、早朝から氷点下(マイナス3~5度くらい)の外に居たため、
だんだん体が動かなくなってきました・・・。

動かない指で、ガラクタの山をごそごそ。

すると、出て来ました!
可愛い糸巻き、紙箱、ティン缶、白いモノグラム刺繍!
それに、総手刺繍の子供服!

壊れたカセットテープや何に使うかわからない金属のガラクタ。
酒瓶など、その下に潜んでいるのです。

「無いなあ・・・」と諦めないで、掘り出しましょう!
手が、さびや汚れで真っ黒になりますが。
c0094013_255184.jpg
アンティークのお人形の服や小物、生地や
可愛い手芸材料のお店もありましたが、とても高くて買えませんでした。
c0094013_26695.jpg
c0094013_262183.jpg
すみません・・・ボケてるのは、カメラが壊れたため携帯で撮影したからです。
それもi phoneの。

レース屋さんがありました。
少々お高めでしたが、お花のチロリアンテープやリボン、
子供用のブラウスやキャミソールも買いました。

ビン屋さんもあり、可愛いラベルのついたシャビーなビンを購入しました。
もっと欲しかったですが、ガラスは割れやすいし重いので。

安いカード屋さんがありました。
お花や天使のイラストカードが、とても安く買えて嬉しかったです!
クロモスも可愛いのがあったのですが、予算が足らず断念・・・残念。

一番上の写真もここのブロカントです。
白いアイアンのベッドが可愛かったです。早速売れて行きました。
ちょっと曲がっていたので、すごく安かったです。
住んでいるのなら、こういう家具も買いたいです。

この競技場のブロカントは、驚くほど安いお店と高いお店が
混ざり合った市でした。

パリと近郊の街のブロカントはこちらで調べられます。↓
http://vide-greniers.org/agendaRegion.php?region=22
# by chococo_paris | 2010-02-28 02:36 | *買い付け日記 | Comments(0)

パリの友人達*3

c0094013_2473764.jpg
1月29日の夜 W子ちゃんと夕食。

W子ちゃんも、パリのモード学校時代からのお友達です。
学校卒業後、一緒に通訳アテンドや商品検品の仕事をしていました。

いまは、世界中のお金持ちがやってくる、超高級ブティックに勤めています。
パリのお友達の中でも、ずば抜けてフランス語がうまいです。

パリではこういうふうに、友人と会うのが楽しみでもあります。
買い付けで訪れていると、なかなか時間が無くて、全員に会えないのが
とても残念です。逢いたくても、ずーっと逢っていない友人達もいます。

私は、仕事の関係で無理やり日本に帰されましたが、
みんなパリで17年も、たくましく頑張っています。

写真は、この日行った美味しいクスクス屋さんです。
W子ちゃんが前住んでいた部屋のすぐそば。
バスティーユのあたりです。

このモロッコ料理のレストラン「Le Souk」は、もう3回くらい
来ていますがなんでも、とても美味しいです。お薦めです。

この通りは、まんが&アニメ屋さんが沢山、軒を連ねています。
フランスのまんがでは無くて、日本のです。
夜中に、よく店内で集会をしていて盛り上がっているらしいです・・・

最近、メトロでもアニメっぽい格好をしている女の子に
良く遭遇します。

ブロンドを黒髪に無理やり染めて、
大きなリボンを着けたり、キティちゃんのバッグを持って
日本人風に近づこうとしています。
こういう頑張っている子が、かなり増殖しています。

そういえば、キティちゃんて、フランス語では
「エロ・キティ」になります。Hを発音しないから。

Le Souk
1 Rue Keller, 75011 Paris, France
01 49 29 05 08‎
METRO:Ledru-Rollin

http://www.fra.cityvox.fr/restaurants_paris/le-souk_2260/Profil-Lieu
# by chococo_paris | 2010-02-27 03:27 | *Paris | Comments(0)

c0094013_5245290.jpg



























1月29日
今日は、またアンティークポストカードのフェアに行きました。

年に1回、Bercyで2日間、開催されるカードやコイン、古い紙物のフェアです。
2日目は、ドールやティントーイ、おもちゃのフェア「ToyFesta」も
同じ会場で行われます。

「Cartexpo」が不発でしたので、期待はしていませんでした。

・・・が、結構出てきます。可愛いカード!
Cartexpoよりも、少し安くて結構探せます。

あるブースでは、天使やエブナーなどのイラストものを沢山持っていました。
でも、驚くほど高くて販売用には買えませんでした・・・
自分のコレクション用に少しだけゲット。
予算が残っていればもっと、欲しかったです!!可愛いのが沢山ありました。

あるブースは、「あら、子供とか天使の?そういうのなら、
さっき3箱売っちゃったわよ!今日はね、もう仕事しなくていいわあ~」
と、お姉さんはいいながら他のブースに遊びに行ってしまいました。
もうちょっと早ければ!残念!
3箱といえば、6000枚くらい・・・すごいです。買った人。

あとでそのお姉さんが、他のブースで、お店の人に
私の欲しいものを一緒に説明してくれました。

一生懸命カードを選んでいると、あっという間に時間が過ぎて
「まだ半分も見てないよ~」と思った午後5時頃、
バタバタという音があちこちから・・・

なんと数店が店じまいを始めているではありませんか。
このフェアは、たしか19時までのはず・・・

「うっそ~明日は、来れないかもなのに!」

さすがフランス人です。

結局、半分くらいしか見ることが出来ず、18時に退場させられました。
入場者が、すごく少なかったんです。
お店のスタッフと同じくらいの人数しか、お客さんが居ません。
マイナーなフェアですからね。

友達とディナーの約束は19時半。
時間が余ったので、メトロのホームで時間を潰しました。

このフェアは、おすすめですが、早めに入場したほうがいいです。

今日感じたのは、ロンドンもパリも

有名なフェアは、有名なディーラーが参加していてカードの状態も
良いのですが、とても高いし本当に少ない。
そして感じの悪い人がたまに居る。

マイナーなフェアは、安くてまだ掘り出しものが少し残っている。
カードの状態は良くないけど。
お店の方々は、素朴でフレンドリー。

という事です。


NUMICARTA
http://www.numicarta.fr/index0.htm
# by chococo_paris | 2010-02-26 06:13 | *買い付け日記 | Comments(0)

パリの友人達*2

c0094013_4212726.jpg
1月28日
今日は唯一、買い付けをしない日です。
友人宅へおじゃまして、預かってもらった荷物とロンドンで
買い付けた商品を梱包して、カートを借りて、
POSTE(郵便局)へ発送に行きました。

いつも7キロまで詰め放題の箱(コリッシモの外国行き用)を、
保険をつけて買うのですが、毎回10キロ近くまで詰めこみます。
だって、ポストカードって重いんです。

「ちょっと重いな・・・まあいいか。」
「超えてるけど、そんなに多くないからOK」
と、言ってくれます。
3キロちかくも超えてるのに・・・

前は、6キロ迄詰めるのを何個か買っていたのですが、ある日
「7キロのを買ったら?10キロくらいまで大丈夫ですよ。」
と郵便局の人が教えてくれてから、7キロにしています。
6キロでは、あまり超過出来ないそうです。
???変ですよね・・・

本当に、フランス人はアバウトです。
常にこういう感じで、大抵何でも許してくれますので
とっても暮らしやすいです。フランスは。

M子さんは、パリのモード学校からのお友達です。
いつも荷物を預かってもらったり、ご飯をご馳走になったり・・・
パリに住んでいたときは、仕事を紹介してくれたりと、
かなりお世話になっています。
とてもセンスが良く、優しい素敵な女性です。

上の写真は、M子さんちの素敵なアパートの窓です。
柔らかな色合いのステンドグラスがとっても可愛いです!
c0094013_4331621.jpg

そして、M子さんのすっごく可愛い赤ちゃん!ジャンヌちゃん。
ロンドンでお土産に買ってきたキャスキッドソンのクマさん
・・・気に入ってくれたのでしょうか。
ぶんぶん振り回しています。あ~可愛いなあ・・・

いいなあ~私も、こんな可愛い女の子が欲しいです。
パリに来るたび、成長がとっても楽しみです!

M子さんが、おしゃれで美味しいランチを作ってくれて、
おしゃべりも弾み、今日は幸せな一日でした。
# by chococo_paris | 2010-02-25 05:10 | *Paris | Comments(0)

c0094013_5122145.jpg
1月27日 今日からまた、パリでの買いつけです。
水曜日の今朝は「Marche d'Aligre」へ行きました。
季節に寄りますが、12区のアリグル広場で、平日開かれているブロカントです。

先週行った時は、雨がすごくて数店しか開いていませんでしたが、
今日は、沢山のブースが開いていました。

ここは一昨年くらいまでは、結構掘り出し物があり、
ティン缶やレースなども、驚くほど安かったのですが、
最近は、すっかり観光客用の値段設定になってしまいました。

それに、アラブ系の店主が多くなり、売ってるものも
アンティークではなくガラクタや衣料品ばかりになってしまっています。

それでも、目を凝らしてガラクタの山から掘り出します。
あると思わないところから、意外な物が見つかります。

着古した衣類の山の中から・・・アンティークの花柄生地の切れ端が
数点と、可愛い木箱、汚くて素敵な古いガラス瓶、手刺繍のレース
・・・など、可愛いものが出てきてビックリ。

値段も聞いてビックリしましたが、「5ユーロ均一の古着の中にあるのに、
なんで汚い生地の切れ端が10ユーロなの????」と抗議しました。
もちろん安くしてもらいましたよ。

次は、アリグルからそんなに遠くない「Marché Saint-Mandé」へ。
ポストカードやトレードカード、切手などのコレクションものの
小さな蚤の市です。
前にブログに書いた、シャンゼリゼの蚤の市みたいな規模です。

着いて恐ろしく気温が下がっているのに驚きました。
たぶん、マイナス10度以下だと思います。
手が、切れるように痛かったです。
この感覚は、長年札幌で経験しているのでわかります。

でも・・・どうして、カードを探そうとすると気温が下がるのでしょうか!
指が全く動かず、声も出なくなり、途中で断念しました。

それでも、滅多に手に入らない「エッフェル塔」の
アンティークカードを30枚も仕入れる事が出来ました!

Marché toutes collections à Saint-Mandé

Avenue de Paris, national 34, Avenue de Gallieni
Metro:Saint Mandé Tourelles,porte de Vincennes

cartes postales, livres anciens, disques, monnaies, philatélie, jouets anciens, capsules de champagne. etc...
# by chococo_paris | 2010-02-24 05:53 | *買い付け日記 | Comments(0)

ロンドンの蚤の市*5

c0094013_3262242.jpg
1月26日 ロンドン最後の日。
幸い荷物が少なかったので、ホテルに荷物は預けずにチェックアウト出来ました。
パリの友人宅に色々預かって貰って良かったです。

そして、火曜日に開催される蚤の市「Piccadilly Market」へ。
ホテル・リッツのそばの教会の広場で開かれる小さな蚤の市です。

しかし・・・今日は、教会が工事中で、市は開かれていませんでした・・・

仕方なく雨の中、近くにあるはずの知り合いのお寿司屋さんを探しました。
が、どこにも見当たらず。
ホテル・リッツのすぐそばと聞いていたのですが・・・残念。

このお寿司屋さんは、私が勤めていたホテルのすぐそばにあった
「はやし」というお店のオーナーの方です。
昔、よくお客様を紹介したり、何度も食事に行ったところです。

ある日、アラブ系イギリス人のお客様が
「日本中の寿司を食べ歩いて、日本で一番美味しい寿司屋を探している。
そして、やっと見つけた。君が日本で一番の腕の寿司職人だ。
是非、ロンドンに来てイギリスで一番のお店を作って欲しい。」
とか何とか、言われたそうです。

そしてオーナーは、考えて、ロンドン行きを決めました。

「ロンドンに来たら、是非寄って下さい。」

でも、多忙でいいかげんな私は、それからロンドンに来ても
訪れたことが無かったし、店名など書いた紙も無くしてしまいました。
ネットで調べても、わからず。誰かご存知でないでしょうか。

仕方が無いので、高級シガー屋さんや、シャンパン・バー、
キャヴィア・ハウスなどの超魅力的な界隈を通り過ぎ、
(前だったら、絶対寄っていました・・・)
パリへ向かおうと早めにユーロスターの駅St-Pancareへ行きました。

お腹がすいたので、駅のすぐそばのファスト中華へ。
旅行だったらなあ・・・アフタヌーンティーにでも行くのになあ・・・

そうです。経費を切り詰めないと!せっかく頑張って安く
仕入れた商品がどんどん高くなって行きます。
シャンパンもキャヴィアもシガーも我慢!です。

しかし、ストレス溜まります。
ビール・・・くらいは、自分にご褒美です。

すっごく安いので心配でしたが、美味しかったです。
全部で1000円くらいです。
ラーメンとキャロットジュースに水餃子。
c0094013_4183363.jpg
最初の写真は、St-Pancare駅です。素敵な建物ですが、内装はモダンです。
Wi-Fiが無料で飛んでるので、自分のPCでネットが出来ます。
電車がホームを離れるまで使えるので、待ち時間が無駄になりません。

そういえば、ロンドンもパリもベルギーも、公共の場所やマクドナルドなどでは、
PCがあれば無料でネットが出来ます。
どうして、日本では出来ないのでしょうね。
知らなくて、「ネット出来ます」みたいな張り紙があった、
日本のマックでPCと格闘したことがあります。。。


piccadilly market
http://www.st-james-piccadilly.org/market.html

Antiques and Collectables Market   
every Tuesday, 10-6pm

Arts and Crafts Market
Wednesday to Saturday every week, 11-6pm
# by chococo_paris | 2010-02-23 04:38 | *買い付け日記 | Comments(0)

ロンドンのパブ

c0094013_2563013.jpg
1月25日 今夜は最後のロンドンの夜です。
ホテルから歩いて30秒のところにバブがありました。

初日、店名を見てビックリ!なんと「The Marquis」
私が勤めていたホテルのBarが「Le Marquis」(↑上のフランス語読み)

これは行くしかないでしょう!

ということで、定番の「フィッシュ&チップス」を
最初はサイダーで次がギネスと一緒に。
c0094013_332447.jpg

観光客しちゃいました。
注文する度、お店のお兄さんが「うん。いい選択です!」とニコニコ。
「ソースは何がいいですか?」と聞かれ、
「もちろん、モルトヴィネガー下さい!」
更にお兄さんが、にっこり。

あたりはずれの多いフィッシュ&チップスですが、ここのは
とても美味しかったです。

締めは、一番好きなウィスキー「ラフロイグ10年カスク」を
ストレートで。

当然のようにシガーが吸いたくなります。
でも、パブなのに誰もシガレットさえ吸っていない・・・

あとで知ったのですが、バーやパブは禁煙になってしまったのだそうです。
さすが、イギリス人だなあ・・・えらいなあ・・・
フランスじゃ、ありえないことだなあと感心してしまいました。
ちょっと寂しいですけどね。

Marquisということで、やはりイギリスの邸宅の書斎をイメージして
いるところは同じ。すごく落ち着いてリラックス出来ました。
c0094013_317421.jpg

今日、カメラが壊れたので、i phoneで撮った写真は・・・
かなりブレています。
明日から、ブレブレの写真が続きます・・・すみません。
# by chococo_paris | 2010-02-22 03:25 | *Bar&Restaurent | Comments(0)