タグ:ホテル ( 13 ) タグの人気記事

c0094013_3153952.jpg

*9月5日*

今日は、夕方にユーロスターでパリに戻ります。


お部屋のカギを返して、お昼過ぎまでアパートホテルのリビング&キッチンでメールの整理とネットで商品探し。
c0094013_3154088.jpg

c0094013_3154175.jpg


2週間使わせてもらった、小さなキッチン。
c0094013_3154341.jpg


c0094013_315445.jpg

この冷蔵庫の中の食材で、パスタだけあれば
このようなものも作れます。
c0094013_3154517.jpg




パンやフルーツ、ジュースもあるし、食費は全然かかりません。

そして、この大荷物とともにパリのアパートへ。
c0094013_3154629.jpg





一緒に借りてる同業者のお友達が、先に着いて待っていました。
c0094013_3154851.jpg



明日はふたりで、早朝からルーアンのフェアへ向かいます。
by chococo_paris | 2012-09-19 06:39 | *London | Comments(0)

FOUR SEASONS HOTEL PARIS

c0094013_18341516.jpg
私が世界で一番癒されるところ。

キューバもアンダルシアも好きだけど、
ここが一番ほっとするんです。

パリ在住の時に、辛いことがあったら必ず訪れていました。
(あと、トイレに行きたくなったとき)

有名になっていくクラスメイトだったデザイナーの子たちに
「アテンド通訳なんてやってんの~?」って大声で笑われたとき。

ヒステリーの某デザイナーに思い切り八つ当たりされたとき。

死にたくなるような事があって、2週間も食事を取らなくて
心身ともに弱っていたとき。

友人が亡くなったとき。

こういうときは、BARでとびきり美味しいカクテルを飲みます。

世界一になったこともある最高級ホテルですが、
気取らないスタッフの心からの笑顔と、お決まりのジョーク、美味しいもので
ほんとうに癒されます。


レストランも感動物の美味しさです。
トリュフコースがお気に入りで、行くと必ず注文してしまいます。

ここで働こうと、東京の総支配人に推薦状を作ってもらったんですが、
モタモタしてるうちに、結婚してしまい・・・諦めてしまいました。

パリにお越しのさいは、是非お立ち寄り下さいませ。
アフタヌーンティもおすすめです***



Four Seasons Hotel George V Paris
by chococo_paris | 2012-07-08 18:51 | *Paris | Comments(0)

FOUR SEASONS HOTEL

c0094013_2121637.jpg

ホタル鑑賞は、もう遅いでしょうか。
いつごろの期間だったのか、もう忘れてしまいました。

オープン前から16年勤めていたホテルが、
今年いっぱいで無くなってしまいます。

沢山の数え切れない思い出が詰まった大好きなところ。

世界一のホテルにするんだ!と、みんなで熱く語り合い
作り上げてきた。

フランスへのファッション留学の資金貯めから始まり
デザイナーの仕事とかけもちして、
半分趣味で派遣として楽しく働いていましたが、いつしか
ハマってしまっていました。。

大好きだった同僚やお客様たち。
日本に滞在中のときの、私の居場所でした。

朝からアフタヌーンティーの時間まで長蛇の列のラウンジでお客をさばき、
夜はそのままBARとか、たまに中間にバンケットやルームサーヴィスに
走って手伝いにという信じられない勤務状態。
16時間以上×28日働いたこともありました。
いつも人手不足で、日本に帰って来ると「早く来い!」と、必ず声がかかる。
英語(必須)の苦手な私でも、いつも優しく受け入れてくれました。

ホテルマンとして頑張ろうと、ソムリエやシガーマネージャーの資格を取ったり、
アジアやヨーロッパ中のFOUR SEASONSを訪れて勉強したり。
本職(デザイナー)はそっちのけで頑張りました。

なんか、辞めて4年も経つのに、
あのソファの擦り切れ直したかなとか、カーテン落ちちゃってないかなとか
ランプシェードきちんと拭いてるかなとか
あのお客様は氷少な目なんだけど、わかってるかなとか
チーズワゴンの状態(担当だった)とか・・・
まだ気になってしまいます。



あ~あ・・・
やはり、心に大きな穴が開いてしまうと思う。

今年は、尊敬&目標としていた石岡瑛子さんが亡くなったり、
知り合いが亡くなったニュースをテレビやネットでいくつか知ってしまい愕然としたり。


とにかく、無くなってしまう前に、FOUR SEASONS HOTELで是非。

素敵なお庭が見えるゆったりとした空間でアフタヌーンティー。
ここは、ホテルで一番最初にアフタヌーンティーを始めたラウンジです。

または、大切な人の記念日に(NO・1になったこともある)イタリアンレストラン
でディナー、その後に英国風BARでゆっくりと。

もしかしたら、お庭にまだホタルがいるかも。



とにかく癒される場所です。


http://www.fourseasons-tokyo.com/
by chococo_paris | 2012-06-23 02:58 | *Journal de chococo | Comments(0)

c0094013_8192015.jpg
10月22日
パリから夜行寝台列車に乗ってイタリアのヴェローナに着きました。
とても大きな紙物&コレクションアイテムのフェアがあるのです。

ヴェネツィアが終点だったので、降り損ねないように注意していたつもりが、
電車の遅れとアナウンスが無いのと駅のホームに「VERONA」の表示が
無かったせいでなんと降り損ねてしまいました。

ある駅に停車した時「ここって、VERONA?」同じコンパートメントの人たちに
聞いても「表示も無いし違うよきっと。」と言っていたので安心していたら、
出発後、ホームの最後に「VERONA」の表示が!

まあいいや戻ればと考えていると、「ごめんなさい!私達のせいね!」
小さな子供も「あなた、どうするのお?」と心配してくれました。

そんなにたいした事じゃないのに、ちょっと騒ぎになって申し訳なかったです。
そして、戻るために適当なとこで降りました。
みんなに「ごめんね~頑張ってね~」と言われながら。

駅についてもバスを探しまくって、やっとフェア会場に着きました~
c0094013_8552713.jpg
こんな倉庫みたいなとこです。
中はすっごい広さでびっくり!
そしてものすごい人数の来場者で、空気が薄く感じました。
c0094013_941597.jpg

夜行で疲れていたので、ちょっと貧血が起きてしまい、
5ブースくらい寄ったあとでホテルに行く事にしました。
明日もあることだし・・・

ホテルは、ちょっとイタリアっぽい感じ。
c0094013_97567.jpg
スチュディオタイプで小さなキッチンがついてサロンもあります。
c0094013_993656.jpg
ベッドルームは、広めで快適。
c0094013_9102988.jpg
c0094013_9104746.jpg
バスルームもまあまあ広め。
c0094013_9114672.jpg

この他にも荷物を置く広めのロッカールームもついていて、
なんと!50ユーロなんです!安すぎる~~~
フェア会場まで歩いて行けますし、バス停もすぐ側です。

近所のスーパーで食材を買って、使いやすいキッチンで夕食を作りました。
c0094013_920870.jpg
c0094013_9202893.jpg



10月23日

次の日、疲れが取れなくて起き上がれず、ゆっくりとフェア会場に行きました。
c0094013_930281.jpg
昨日の続きで廻り始めてひとつが終わって、さあ次と振り返ると・・・
c0094013_93166.jpg
誰も居ません・・・・
夢を見ているような感じでした。

ほんの30分の間のことです。
バタバタと音がしてるのは気がついていましたが、
まさかこんなことになってるとは!
早すぎです!片付けが・・・
まだ12時。終わるのは5時だったはず。

仕方が無い・・・帰るしかない。

こんな狭い出入り口から、とぼとぼとホテルに帰りました。
c0094013_9362571.jpg


帰り道にこんな看板が。
昨夜食べた冷凍食品!こっちの写真のほうが美味しそう。
c0094013_9385357.jpg


そういうわけで10分の1のブースしか廻ることが出来なかったなかで
買ったカードたち。

お花のカード補充しました。
c0094013_9502478.jpg


ネコたちも。
c0094013_9512871.jpg


美しい冬景色。
c0094013_9521178.jpg


美しい天使や子供たち。こういう綺麗なのは、沢山ありました。
c0094013_953739.jpg
c0094013_9544953.jpg
c0094013_9534629.jpg
c0094013_954450.jpg


そして、どこのブースも沢山持っていたのが、エブナーとクレイン。
見たことの無いレアなものも結構ありました。
c0094013_9564228.jpg
c0094013_9565834.jpg


こういうものが買えるのですが、しかし・・・すっごく高いです!
パリのフェアの倍以上。
可愛い~!のを、3枚買ったらもう1万円・・・ブースを沢山廻れなくて良かったかも。
2枚買ったらホテル代より高いんですよ。

なんとか買える値段のを見つけるのが大変でした。
レアものがあるので個人的にコレクションするなら、是非お勧めのフェアです。

「イタリアのフェアは高いよ~。でも、ヴェローナは街がとても美しいから
行く価値はある。」って、パリのカード屋さんが言っていました。
その通り!ほんとに高かったです。
ですので、たぶん・・・もう行きません。

******


ところで、もうすぐ帰国いたします。
お問い合わせのお返事などは、帰国後にいたしますので
もう少々お待ちくださいますようお願い申し上げます。
by chococo_paris | 2011-11-16 10:06 | *買い付け日記 | Comments(0)

c0094013_531992.jpg
1月29日土曜日

貴重な土曜日。
本当なら、蚤の市へ行きたいところですが、明日の南仏でのカードフェアに
向けて、移動日にしました。

早朝にロンドンのホテルを出て、ユーロスターでパリの北駅へ。
そこから荷物が重いのでバスに乗って、リヨン駅へ。

c0094013_5355553.jpg
c0094013_5361185.jpg
TGVに乗ってマルセイユへ。
プロヴァンス電車に乗り換えて、小さな町<Aubagneオーバーニュ>
に着いたのは、夜の8時。

長かった~~~移動に14時間くらいですか・・・
日本に帰れてしまいますね。

昔、バックパッカーを結構してたので、
夜行とか電車の長いのは慣れてますが、さすがに重い荷物のせいもあり、
疲れました。

町唯一の駅近ホテル。Hôtel Souléia
c0094013_5394283.jpg

ロンドンと同じ値段です。
ホテルっぽーい。
c0094013_540368.jpg
バスタブもありました。
c0094013_5405565.jpg
久しぶりのバスタブ付きで広いお部屋でのんびり。

本当は、来週直ぐにロンドンに戻る予定でしたが、
体調が悪いのと、もうイギリスのカードフェアに行きたくないのとで、
この田舎に6日間こもって、身体を休める事にしました。
仕事も溜まってるし。

明日は、大きなカードフェアです。
頑張ります。
by chococo_paris | 2011-02-19 05:46 | *買い付け日記 | Comments(0)

c0094013_691752.jpg
1月15日土曜日

早朝のヴァンヴの蚤の市です。

一応、あのオヤジのブースを避けてスタート・・・してたら、
あの可愛いカフェオレボウル屋さんのおねえさんが、気を使って下さって
話しかけてくださいました。
すいません・・・

熱が下がらず、ぎっくり腰も再発して、かなり体調が悪かったので、
もう今日は、そんなことどうでも良くなっていました。

優しいご夫婦のブースで、カルトナージュの箱とレースのパーツを購入。
c0094013_6102870.jpg
このご夫婦、Linaさんのお友達だそうです。

Linaさんにすれ違い、挨拶。
今日は来ていないと思って、メールもしたのに、逢えて嬉しい。
でも今日は、出店を止めたそう・・・なんだあ。やる気無いなあ・・・いつもながら。

大人気のうちに完売したパールビーズネックレスがまた売っていました!
在庫のほとんどを仕入れましたよ。たっぷりあります。

こまごまと色々買えて、満足のヴァンヴでした。

しかし、小さなものを見るのに、前かがみになると腰が痛い・・・
熱と鼻のかみすぎで眼が見えない。

健康でなきゃ出来ない仕事ですね・・・

一度ホテルに帰って、少し横になってから、また出かけました。

体調不良のため、今日は遠くの街に行くのを止めて、
パリ市内のSant-Paulのブロカントに行きました。
c0094013_6122197.jpg
c0094013_6161764.jpg
c0094013_6194273.jpg

何か見つかりそうに見えますが・・・な~んにも無かったです。

今日、ヴァンヴで仕入れたものたち。
c0094013_6241323.jpg
c0094013_6244272.jpg
c0094013_6251046.jpg
やっと見つけたレア物のペン先の箱。
c0094013_6253741.jpg
ビーズ入りの可愛い箱
c0094013_626561.jpg
色合いが素敵で一目惚れした糸。
c0094013_703849.jpg


このほかにも結構買えて、またまた資金が大幅に減ってしまいました。
後半、持つでしょうか。


ところで、金曜の夜からホテルに移動しております。
c0094013_6202566.jpg

いつもの安くてキレイでスタッフが優しいホテル。

直ぐ目の前が、メトロとトラムの駅で超便利です。
c0094013_6205730.jpg


いつもの、ホテルのすぐ側の美味しい中国レストランで夕食。
c0094013_62157100.jpg

今日、初めての食事なのに、食欲が無く、半分しか食べられませんでした。
でも、とっても美味しかったです。

部屋へ戻って、またそのまま倒れるように眠ってしまいました。
いいかげん、コンタクトくらいはずさなくちゃ。

明日も、可愛いものが見つかりますように***
by chococo_paris | 2011-01-28 06:33 | *買い付け日記 | Comments(2)

c0094013_772832.jpg
8月29日
今日のカードフェアは、10時からですので、ホテルの朝食をゆっくりと取りました。
トースト2枚と紅茶だけの・・・ですが。

フランス人が沢山泊まっていました。
「クロワッサンくらい無いのかしら。」「つまんない朝食ねえ。」
などと文句たっぷり。すっごくうるさい朝食でした。

みなさん、仮眠室のようなところによく寝られるなあと思いました。
ロンドンは、ホテルがバカ高いですからね。
我慢しないと・・・ですね。

荷物をホテルに預けて、フェア会場へ。
大きなホテルの宴会場で開催されています。
c0094013_78364.jpg


可愛いカードが、まあまあ買えて嬉しい日でした。
時間があったら、滞在中に撮影して、オークションにアップしますね。

会場から歩いてホテルに戻り、荷物をピックアップ。
お引越しです。
c0094013_783916.jpg

いつものアパートメントホテルへ。いつもの建物ではなく、2件隣のこじんまりとした建物です。お部屋は、いつも同じ感じのインテリア。
c0094013_793797.jpg
c0094013_7101114.jpg
c0094013_7105915.jpg

イケアでまとめてあるところが、ちょっと安っぽいです。

キッチンとダイニングもついています。
共同ですが、時間帯が結構違うので、あまり気になりません。
c0094013_7113628.jpg
c0094013_712590.jpg
風も通って気持ちの良いキッチン。
c0094013_7124674.jpg

お部屋についてる小さな小部屋・・・
c0094013_7131838.jpg

ここで、買ったものを撮影したりしてます。
c0094013_7134870.jpg
お茶も、たっぷり。

前回も紹介しましたが、おすすめです。
簡素な感じですが、仕事には充分。

食費も浮くし、洗濯も出来るので長期滞在には、とても助かります。
1泊55ポンド。とっても安いです。

しかし、ロンドンは寒いです。
タイツを買って、ヒートテックを着て重ね着しても震えていました。

去年は、こんなに寒くなかったはず・・・
風邪をひかないように気をつけます。

Web: www.londonshortstaytooting.co.uk
Web: www.flexistay.com
by chococo_paris | 2010-09-04 05:48 | *買い付け日記 | Comments(0)

c0094013_7195852.jpg
8月27日
春の買い付け日記が終わったばかりで、すぐに夏の買い付けです。

明日は早朝から蚤の市で、夕方にはロンドンに出発しますので、
1泊寝るだけだからと、と~っても安い2つ星のホテルを予約しました。

それが、大当たり。
53ユーロしかしないので、狭くて臭くて汚いんだろうな・・・と
思っていましたが、それが何と改装済みで、とってもきれい。

お部屋もそんなに狭くは無く、ネット接続もWifiで無料。
メトロやトラムの駅から徒歩で1分です。
蚤の市にも歩いて行けます。
空港やユーロスター駅にも便利。
2つ星には珍しく(他は移民系が多い)フランス人のスタッフで親切で優しいです。

これからは、ここにします。穴場です。

そして今日の晩御飯は、この界隈に泊まる時に利用する
中国レストランの飲茶セット。
c0094013_7324757.jpg
みんな大好きネム。(Nemベトナム風ミニ春巻き。
ミントの葉を沢山乗せていただきます。
日本でこれを頼むと、ミントの葉がついてこないので美味しくないです。
c0094013_7333027.jpg
詰め込み過ぎのヴァプール(蒸し物)
c0094013_7335240.jpg
3色アイス。懐かしい・・・
子供の頃、札幌でよく食べました。
パリ学生時代に良く食べたランチにも付いていました。
神奈川出身のダンナは、これ知らないらしいです。

明日は過密スケジュール・・・頑張ります!


Hotel Terminus Orléans
197 Boulevard Brune Paris 75014
by chococo_paris | 2010-09-01 07:44 | *Paris | Comments(0)

c0094013_1463535.jpg
軽井沢の宿泊は、ペンションを考えていましたが・・・

調べても、ちょっと・・・というところばかり。
寝室のインテリアが、なぜかみんな「うっ・・・なぜ、この趣味???」
という感じでした。

調べ方が悪かったのでしょうか。
もう少し、素敵なところもあるのでしょうか。

それで仕方なく、不慣れな温泉宿へ。
c0094013_1551829.jpg

軽井沢駅から、小さなローカル線で3~4つ目。

「じゃらん」のサイトで一番人気だった「中棚荘」へ泊まりました。
島崎藤村のゆかりの宿です。
上の写真の敷地内にあるお食事処は、文化財指定だそうです。

エントランスは・・・地味です。
c0094013_1542082.jpg
ロビーも、素朴な感じ。
c0094013_1554936.jpg
お部屋は、一番広い内風呂つき(温泉)を予約しました。ベッドもあります。
c0094013_156487.jpg
c0094013_1575359.jpg
このほかに茶室のようなお部屋もついていました。
テラス(?)でくつろいだりも出来ます。
c0094013_15957100.jpg
外観です。地味です。

とにかく素朴なお宿でした。
最初は、ちょっと悲しい気分になりましたが、すぐに馴染んでしまいました。

とにかく落ち着くのです。すっごくリラックス出来ました。
畳が嫌いな私でも。

しかし、ご案内担当の男の子が、笑えるくらいダメでした。
説明の言葉が、いちいちダメ。力が入ってるんですが、
「~になります(未来形??)」「~のほう(どっちのほう??)」
の居酒屋バイト系の間違い敬語。目を合わせない。
「おしぼりのほう、こちらの真ん中のほうに置かせていただきまーす。」
「麦茶を、こちらとこちらのほうに置かせていただきまーす。」
あ~うるさい・・・頭を叩きたかったです。

それに比べて、隣のお客様を担当していた女の子が、パーフェクト!
お茶を説明しながら出して、おしぼりをさりげなく置いて
「どうぞお使い下さい。」

というか、説明も気遣いも120%でした。可愛いし。
帰りの電車の心配や、苦手な食材とかも聞いていました。
素晴らしい!
なんか、ソンをした気分。まあ、笑えたからいいとします。

なんか、ホテルジャンキーの方々のようなレポートですね・・・
すみません・・・

そして、鳥の声で癒されるハズが・・・
c0094013_2461.jpg
ヤギさんの鳴き声が響きます。
窓の外には、大勢の「合鴨」たちが、ぐぇっぐぇっ鳴いています。
(蕎麦料理が有名らしいので、飼っているのでしょうか。)

でもそれも慣れてくると、なぜかとても癒されました。
c0094013_291875.jpg
夕食は、文化財のお食事処で、会席料理です。
c0094013_210643.jpg
量が少なめなので、ちょうど良かったです。
お味も、まあまあ美味しかったです。

しかし・・・ここのオーナーが作った、お店のお勧めの白ワイン・・・
・・・私はおすすめしません。一杯飲むのに、すっごく苦労しました。
ソーダを足して、レモンかライムでスプリッツアーにしたいくらいでした。

お風呂は、ダンナ曰く「とってもいい!!!」らしいです。
私は、大きなお風呂が苦手ですので、お部屋の内風呂に入りました。
もちろん、温泉の湯です。

朝は、合鴨たちの賑やかな声で目覚めます。
しばらくすると、ヤギさんも。

南仏のシャンブルドットみたいだなあ~と思いました。

朝食です。麦とろ&サーモン
c0094013_2184181.jpg
食事が済んだら、ヤギさんに挨拶しに行き、
藤村が通っていたという離れまで散歩に行きました。
c0094013_2205135.jpg
スタッフの方達も丁寧で優しく感じがとても良かったです。(一名除く)

とても素朴ですが、品のあるお宿で、リラックス出来て良かったです。

中棚荘
by chococo_paris | 2010-08-26 02:41 | *Journal de chococo | Comments(0)

c0094013_4361491.jpg
5月7日

いつも週末は早朝から動くため、T君ちからホテルに移動しています。

今回のパリのホテルは、14区。
空港やユーロスターの北駅、蚤の市に行くのにも便利な場所です。

スーパーやレストラン、可愛いお店も結構あって
郵便局もすぐ近く。銀行も沢山ありました。

お部屋は、改装したてでキレイだったのですが、
バスルームが・・・ちょっと改装しきれてなくて、古くて狭かったです。
c0094013_4363668.jpg
ネットはWifi接続で無料でした。
ホテルスタッフも、とても感じが良かったです。

気になるのは、バスルームだけですね。
場所の割りに、とっても安いので、仕方がないです。

今日は、この便利な場所から、パリ市内のアンティークショップ
巡りをしました。可愛いヴィンテージのカードや、綺麗な紙箱、
香水ラベルなどを買うことが出来ました。

でも、やっぱり蚤の市やブロカントと比べると結構お高いです・・・


HOTEL Sophie Germain

12 Rue Sophie Germain,
75014 PARIS
by chococo_paris | 2010-07-12 04:44 | *Paris | Comments(0)