パリの友人達

c0094013_4441957.jpg

1月18日*夜

ポストカード屋さんで疲れ切ったまま、ここから歩いて5分の友人T君の会社へ。
大きな窓から見える、ラックに掛かった沢山の洋服・・・
デザイナーらしき人々が打ち合わせをしている。
ちょっと胸が痛くなります。

新ブランドのデザイン担当を頼まれ、無理やり日本に呼び戻されてから、
紹介されて入った会社が、次々と倒産したりデザイン部署が
無くなったりしてきました。

それは一昨年まで続き、もう洋服には縁が無いのだと思うようになり、
アンティーク屋さんを始めてしまいました。

でも・・・やっぱり、まだ洋服が作りたいです。

今でも、昔アパレルに居たころの夢を見ます。
「早く商品を作らなくちゃ!お店がスカスカになっちゃう!
ショーに間に合わない!」という夢です。

パリのモード学校を卒業してから、洋服の仕事に関わっていないのは、
友人たちの間でも、私くらいかも・・・

その同級生だった友人のひとりT君は、優秀な成績で特別クラス(4年目)
を卒業してから、パリでずーっとデザイナーをしています。

去年まではパリに来る度、T君のお家にお世話になっていました。
今回は、ヴァカンスに旅行に行ってしまうという事で無理。
ただ、その前に頼まれたタバコを持って遊びに行きました。

フランスでは、タバコが800~1000円くらいします。
免税店で買えば、ひとつ230円です。大きな差ですよね。

T君と一緒に暮らしているBernardが、お酒が好きなので、
シャンパンとワインを買って行きました。

スーパーマーケットで、ワインを選んでいると・・・
私とBernardの大好きな、「シャトー・ランシュ・バージュ」が!
それも、40ユーロ!!即買いです!2004年ですが。
去年、日本のレストランで飲んだら、25000円したものです。
c0094013_44832100.jpg

早速、チーズのマリアージュ。
「ボルドーだから、白カビと・・・う~ん、コンテの古いのかなあ。」
パヴェ・ダフィノアとコンテの18ヶ月を買いました。
後で、これが失敗だったのですが・・・
ソムリエ、チーズのプロ両方ともに失格という恥ずかしいことに。

T君は、チーズが大嫌い。フォアグラや内臓系やカエルも嫌い。
フランスに17年も居るのに。

今夜も、調理師の免許を持ってるBernardが美味しいお料理を作ってくれました。
う~ん・・・幸せ。
やっぱり皆で食べる食事は美味しいです。
ホテルで独り寂しく・・・が、この後続いてしまいますが、
辛いですね。

食事が終わって、チーズタイム。
美味しいワインと・・・と思ってると、あれ???
チーズとワインが合わない・・・
せっかくのランシュ・バージュが美味しくない!

「合わないね~失敗したー!」
「こういうワインには、もっと熟成したのじゃなくちゃダメだよ。」
とBernardが。このひと、ソムリエもしてて、エリゼ宮やマキシムでも
働いていたので、うるさいんです。

でも、そうでした。その通り。忘れていました。
ホテルで、フランスチーズの担当だったのに・・・
レストランでソムリエもしてたのに・・・

完全に感とセンスが鈍っています。
もう、戻れないな~と思いました。

写真は、T君のお家のクリスマスツリーです。
白い小鳥が沢山!
とっても可愛いです!
by chococo_paris | 2010-02-07 04:38 | *Wine,cheese&Ciger | Comments(0)