パリの友人達*3

c0094013_2473764.jpg
1月29日の夜 W子ちゃんと夕食。

W子ちゃんも、パリのモード学校時代からのお友達です。
学校卒業後、一緒に通訳アテンドや商品検品の仕事をしていました。

いまは、世界中のお金持ちがやってくる、超高級ブティックに勤めています。
パリのお友達の中でも、ずば抜けてフランス語がうまいです。

パリではこういうふうに、友人と会うのが楽しみでもあります。
買い付けで訪れていると、なかなか時間が無くて、全員に会えないのが
とても残念です。逢いたくても、ずーっと逢っていない友人達もいます。

私は、仕事の関係で無理やり日本に帰されましたが、
みんなパリで17年も、たくましく頑張っています。

写真は、この日行った美味しいクスクス屋さんです。
W子ちゃんが前住んでいた部屋のすぐそば。
バスティーユのあたりです。

このモロッコ料理のレストラン「Le Souk」は、もう3回くらい
来ていますがなんでも、とても美味しいです。お薦めです。

この通りは、まんが&アニメ屋さんが沢山、軒を連ねています。
フランスのまんがでは無くて、日本のです。
夜中に、よく店内で集会をしていて盛り上がっているらしいです・・・

最近、メトロでもアニメっぽい格好をしている女の子に
良く遭遇します。

ブロンドを黒髪に無理やり染めて、
大きなリボンを着けたり、キティちゃんのバッグを持って
日本人風に近づこうとしています。
こういう頑張っている子が、かなり増殖しています。

そういえば、キティちゃんて、フランス語では
「エロ・キティ」になります。Hを発音しないから。

Le Souk
1 Rue Keller, 75011 Paris, France
01 49 29 05 08‎
METRO:Ledru-Rollin

http://www.fra.cityvox.fr/restaurants_paris/le-souk_2260/Profil-Lieu
# by chococo_paris | 2010-02-27 03:27 | *Paris | Comments(0)

c0094013_5245290.jpg



























1月29日
今日は、またアンティークポストカードのフェアに行きました。

年に1回、Bercyで2日間、開催されるカードやコイン、古い紙物のフェアです。
2日目は、ドールやティントーイ、おもちゃのフェア「ToyFesta」も
同じ会場で行われます。

「Cartexpo」が不発でしたので、期待はしていませんでした。

・・・が、結構出てきます。可愛いカード!
Cartexpoよりも、少し安くて結構探せます。

あるブースでは、天使やエブナーなどのイラストものを沢山持っていました。
でも、驚くほど高くて販売用には買えませんでした・・・
自分のコレクション用に少しだけゲット。
予算が残っていればもっと、欲しかったです!!可愛いのが沢山ありました。

あるブースは、「あら、子供とか天使の?そういうのなら、
さっき3箱売っちゃったわよ!今日はね、もう仕事しなくていいわあ~」
と、お姉さんはいいながら他のブースに遊びに行ってしまいました。
もうちょっと早ければ!残念!
3箱といえば、6000枚くらい・・・すごいです。買った人。

あとでそのお姉さんが、他のブースで、お店の人に
私の欲しいものを一緒に説明してくれました。

一生懸命カードを選んでいると、あっという間に時間が過ぎて
「まだ半分も見てないよ~」と思った午後5時頃、
バタバタという音があちこちから・・・

なんと数店が店じまいを始めているではありませんか。
このフェアは、たしか19時までのはず・・・

「うっそ~明日は、来れないかもなのに!」

さすがフランス人です。

結局、半分くらいしか見ることが出来ず、18時に退場させられました。
入場者が、すごく少なかったんです。
お店のスタッフと同じくらいの人数しか、お客さんが居ません。
マイナーなフェアですからね。

友達とディナーの約束は19時半。
時間が余ったので、メトロのホームで時間を潰しました。

このフェアは、おすすめですが、早めに入場したほうがいいです。

今日感じたのは、ロンドンもパリも

有名なフェアは、有名なディーラーが参加していてカードの状態も
良いのですが、とても高いし本当に少ない。
そして感じの悪い人がたまに居る。

マイナーなフェアは、安くてまだ掘り出しものが少し残っている。
カードの状態は良くないけど。
お店の方々は、素朴でフレンドリー。

という事です。


NUMICARTA
http://www.numicarta.fr/index0.htm
# by chococo_paris | 2010-02-26 06:13 | *買い付け日記 | Comments(0)

パリの友人達*2

c0094013_4212726.jpg
1月28日
今日は唯一、買い付けをしない日です。
友人宅へおじゃまして、預かってもらった荷物とロンドンで
買い付けた商品を梱包して、カートを借りて、
POSTE(郵便局)へ発送に行きました。

いつも7キロまで詰め放題の箱(コリッシモの外国行き用)を、
保険をつけて買うのですが、毎回10キロ近くまで詰めこみます。
だって、ポストカードって重いんです。

「ちょっと重いな・・・まあいいか。」
「超えてるけど、そんなに多くないからOK」
と、言ってくれます。
3キロちかくも超えてるのに・・・

前は、6キロ迄詰めるのを何個か買っていたのですが、ある日
「7キロのを買ったら?10キロくらいまで大丈夫ですよ。」
と郵便局の人が教えてくれてから、7キロにしています。
6キロでは、あまり超過出来ないそうです。
???変ですよね・・・

本当に、フランス人はアバウトです。
常にこういう感じで、大抵何でも許してくれますので
とっても暮らしやすいです。フランスは。

M子さんは、パリのモード学校からのお友達です。
いつも荷物を預かってもらったり、ご飯をご馳走になったり・・・
パリに住んでいたときは、仕事を紹介してくれたりと、
かなりお世話になっています。
とてもセンスが良く、優しい素敵な女性です。

上の写真は、M子さんちの素敵なアパートの窓です。
柔らかな色合いのステンドグラスがとっても可愛いです!
c0094013_4331621.jpg

そして、M子さんのすっごく可愛い赤ちゃん!ジャンヌちゃん。
ロンドンでお土産に買ってきたキャスキッドソンのクマさん
・・・気に入ってくれたのでしょうか。
ぶんぶん振り回しています。あ~可愛いなあ・・・

いいなあ~私も、こんな可愛い女の子が欲しいです。
パリに来るたび、成長がとっても楽しみです!

M子さんが、おしゃれで美味しいランチを作ってくれて、
おしゃべりも弾み、今日は幸せな一日でした。
# by chococo_paris | 2010-02-25 05:10 | *Paris | Comments(0)

c0094013_5122145.jpg
1月27日 今日からまた、パリでの買いつけです。
水曜日の今朝は「Marche d'Aligre」へ行きました。
季節に寄りますが、12区のアリグル広場で、平日開かれているブロカントです。

先週行った時は、雨がすごくて数店しか開いていませんでしたが、
今日は、沢山のブースが開いていました。

ここは一昨年くらいまでは、結構掘り出し物があり、
ティン缶やレースなども、驚くほど安かったのですが、
最近は、すっかり観光客用の値段設定になってしまいました。

それに、アラブ系の店主が多くなり、売ってるものも
アンティークではなくガラクタや衣料品ばかりになってしまっています。

それでも、目を凝らしてガラクタの山から掘り出します。
あると思わないところから、意外な物が見つかります。

着古した衣類の山の中から・・・アンティークの花柄生地の切れ端が
数点と、可愛い木箱、汚くて素敵な古いガラス瓶、手刺繍のレース
・・・など、可愛いものが出てきてビックリ。

値段も聞いてビックリしましたが、「5ユーロ均一の古着の中にあるのに、
なんで汚い生地の切れ端が10ユーロなの????」と抗議しました。
もちろん安くしてもらいましたよ。

次は、アリグルからそんなに遠くない「Marché Saint-Mandé」へ。
ポストカードやトレードカード、切手などのコレクションものの
小さな蚤の市です。
前にブログに書いた、シャンゼリゼの蚤の市みたいな規模です。

着いて恐ろしく気温が下がっているのに驚きました。
たぶん、マイナス10度以下だと思います。
手が、切れるように痛かったです。
この感覚は、長年札幌で経験しているのでわかります。

でも・・・どうして、カードを探そうとすると気温が下がるのでしょうか!
指が全く動かず、声も出なくなり、途中で断念しました。

それでも、滅多に手に入らない「エッフェル塔」の
アンティークカードを30枚も仕入れる事が出来ました!

Marché toutes collections à Saint-Mandé

Avenue de Paris, national 34, Avenue de Gallieni
Metro:Saint Mandé Tourelles,porte de Vincennes

cartes postales, livres anciens, disques, monnaies, philatélie, jouets anciens, capsules de champagne. etc...
# by chococo_paris | 2010-02-24 05:53 | *買い付け日記 | Comments(0)

ロンドンの蚤の市*5

c0094013_3262242.jpg
1月26日 ロンドン最後の日。
幸い荷物が少なかったので、ホテルに荷物は預けずにチェックアウト出来ました。
パリの友人宅に色々預かって貰って良かったです。

そして、火曜日に開催される蚤の市「Piccadilly Market」へ。
ホテル・リッツのそばの教会の広場で開かれる小さな蚤の市です。

しかし・・・今日は、教会が工事中で、市は開かれていませんでした・・・

仕方なく雨の中、近くにあるはずの知り合いのお寿司屋さんを探しました。
が、どこにも見当たらず。
ホテル・リッツのすぐそばと聞いていたのですが・・・残念。

このお寿司屋さんは、私が勤めていたホテルのすぐそばにあった
「はやし」というお店のオーナーの方です。
昔、よくお客様を紹介したり、何度も食事に行ったところです。

ある日、アラブ系イギリス人のお客様が
「日本中の寿司を食べ歩いて、日本で一番美味しい寿司屋を探している。
そして、やっと見つけた。君が日本で一番の腕の寿司職人だ。
是非、ロンドンに来てイギリスで一番のお店を作って欲しい。」
とか何とか、言われたそうです。

そしてオーナーは、考えて、ロンドン行きを決めました。

「ロンドンに来たら、是非寄って下さい。」

でも、多忙でいいかげんな私は、それからロンドンに来ても
訪れたことが無かったし、店名など書いた紙も無くしてしまいました。
ネットで調べても、わからず。誰かご存知でないでしょうか。

仕方が無いので、高級シガー屋さんや、シャンパン・バー、
キャヴィア・ハウスなどの超魅力的な界隈を通り過ぎ、
(前だったら、絶対寄っていました・・・)
パリへ向かおうと早めにユーロスターの駅St-Pancareへ行きました。

お腹がすいたので、駅のすぐそばのファスト中華へ。
旅行だったらなあ・・・アフタヌーンティーにでも行くのになあ・・・

そうです。経費を切り詰めないと!せっかく頑張って安く
仕入れた商品がどんどん高くなって行きます。
シャンパンもキャヴィアもシガーも我慢!です。

しかし、ストレス溜まります。
ビール・・・くらいは、自分にご褒美です。

すっごく安いので心配でしたが、美味しかったです。
全部で1000円くらいです。
ラーメンとキャロットジュースに水餃子。
c0094013_4183363.jpg
最初の写真は、St-Pancare駅です。素敵な建物ですが、内装はモダンです。
Wi-Fiが無料で飛んでるので、自分のPCでネットが出来ます。
電車がホームを離れるまで使えるので、待ち時間が無駄になりません。

そういえば、ロンドンもパリもベルギーも、公共の場所やマクドナルドなどでは、
PCがあれば無料でネットが出来ます。
どうして、日本では出来ないのでしょうね。
知らなくて、「ネット出来ます」みたいな張り紙があった、
日本のマックでPCと格闘したことがあります。。。


piccadilly market
http://www.st-james-piccadilly.org/market.html

Antiques and Collectables Market   
every Tuesday, 10-6pm

Arts and Crafts Market
Wednesday to Saturday every week, 11-6pm
# by chococo_paris | 2010-02-23 04:38 | *買い付け日記 | Comments(0)

ロンドンのパブ

c0094013_2563013.jpg
1月25日 今夜は最後のロンドンの夜です。
ホテルから歩いて30秒のところにバブがありました。

初日、店名を見てビックリ!なんと「The Marquis」
私が勤めていたホテルのBarが「Le Marquis」(↑上のフランス語読み)

これは行くしかないでしょう!

ということで、定番の「フィッシュ&チップス」を
最初はサイダーで次がギネスと一緒に。
c0094013_332447.jpg

観光客しちゃいました。
注文する度、お店のお兄さんが「うん。いい選択です!」とニコニコ。
「ソースは何がいいですか?」と聞かれ、
「もちろん、モルトヴィネガー下さい!」
更にお兄さんが、にっこり。

あたりはずれの多いフィッシュ&チップスですが、ここのは
とても美味しかったです。

締めは、一番好きなウィスキー「ラフロイグ10年カスク」を
ストレートで。

当然のようにシガーが吸いたくなります。
でも、パブなのに誰もシガレットさえ吸っていない・・・

あとで知ったのですが、バーやパブは禁煙になってしまったのだそうです。
さすが、イギリス人だなあ・・・えらいなあ・・・
フランスじゃ、ありえないことだなあと感心してしまいました。
ちょっと寂しいですけどね。

Marquisということで、やはりイギリスの邸宅の書斎をイメージして
いるところは同じ。すごく落ち着いてリラックス出来ました。
c0094013_317421.jpg

今日、カメラが壊れたので、i phoneで撮った写真は・・・
かなりブレています。
明日から、ブレブレの写真が続きます・・・すみません。
# by chococo_paris | 2010-02-22 03:25 | *Bar&Restaurent | Comments(0)

ロンドンの蚤の市*4

c0094013_3445653.jpg

1月25日 今日は月曜日にはアンティークの蚤の市が開かれる
「Covent Garden」の中の「Apple Market」へ。
外のアーケードは(上の写真)銀食器などが多く、屋内はアクセサリーや
古いゴチャゴチャしたものがメインです。

早速、昨年もレースを買ったアーケードのストール(ブース)へ。
少ないですが、安くて可愛いレースが見つかります。
底のほうから色々掘り出していると、レースに混ざって可愛い
ボタンのシートや刺繍のスプーンホルダーが出で来て嬉しい!

つでに銀食器を見てみると、可愛い花模様のジャムスプーンを発見。
お店のお姉さんに「これも可愛いわよ」と出してもらい、
4本も買ってしまいました。
このスプーンは紅茶の葉やお砂糖を入れる時に使っても可愛いですよね。

屋内でも可愛い蝶々や薔薇、エーデルワイスのブローチを見つけました。
小さな肖像写真も何枚か安く買えて、今日は結構・・・満足です!

帰ろうとすると、素敵な歌声が・・・
c0094013_424536.jpg
う~ん、聞いていたいけど、寒いから帰って商品の撮影でもしよう・・・
・・・とすると、曲が変わってなんと「君住む街角」を歌いだしたでは
ありませんか!

この曲は、まさにここ「Covent Garden」が舞台となった映画
「マイ・フェア・レディ」の中で、フレディがイライザの事を想って
街角で歌った愛の歌です。

大好きなんです「マイ・フェア・レディ」
曲もストーリーも私が影響を受けたセシルビートンの衣装デザインも。

原語で本も読んだし。歌も全曲歌えます!それも、コックニーなまりでも。
辛いとき、いつも口ずさんでいた「素敵じゃない。」
嬉しいときには「踊りあかそう」。

ちょっと感動して、急いでチップをあげに行きました。
c0094013_4194147.jpg
憧れていた「Covent Garden」に
一番最初に来た時の感動がよみがえりました。

昔、パリでは無くて、ロンドンの美術の大学院に留学したくて準備を本気で
していたころ、どうしてもこの界隈に住みたい!と思ったものです。

でも今は・・・そんな事は忘れてしまい、買い付けが終わったら、
散策せずにさっさと帰ってしまうという場所になってしましました。

いい気分でホテルに帰って、「さあ、撮影!」と商品を撮ろうとすると・・・
カメラが動かない・・・完全に壊れていました。
超高かったのに!・・・私の使い方が乱暴なんですが。

お客様に約束した「新商品は24日くらいから・・・」が守れませんでした!
お待ち下さっていた方々・・・本当に申し訳なかったです。

COVENT GARDEN
Covent Garden, WC2
www.coventgardenmarket.co.uk
日時: 毎日10h30-19h30
最寄駅: Covent Garden

Apple Marketのアンティーク市は月曜日。
# by chococo_paris | 2010-02-20 04:46 | *買い付け日記 | Comments(0)

ロンドン滞在中の食事

c0094013_419723.jpgフランス以外では、夕食はこんなものです。たま~にレストランやバーに行きますが。

最寄のスーパーマーケットで買って来た、サラダやフルーツ。ウサギになった気分です。
でもヨーロッパって、野菜や果物がとっても美味しいんです。


イギリスの人々って、野菜が好きなのでしょうか。
必要以上に野菜の売場が広い気がします。

これでいつも思い出すのが、ホテルに勤めていたころ、
トヨタカップなどで来日したサッカー選手たちの食事の
サーヴィスを担当していた頃のこと。

イギリスのチームは、栄養管理士がとっても厳しくて食事が野菜ばかり。
朝は、お肉やチーズもダメ。パンは油分が少ないイギリスパン。
パスタはゆでただけ。

ずら~と並んだ野菜の山に「家畜小屋みたい・・・」と
思った記憶があります。

育ち盛りの若い子たち、我慢できるのかしら・・・と
思っていると、今では有名なベッカムが「パスタにかけるチーズ下さい」と。
一応お断りすると、「内緒でね。お願い!!!」
仕方が無い・・・裏でペコリーノ・ロマーノ(羊のミルクのハードタイプ)を
「う~面倒だなあ。」と思いながら削ってあげました。

実は、ホテルではチーズ担当だった私。
チーズの要望は、つい断れませんでした。
# by chococo_paris | 2010-02-19 04:58 | *Wine,cheese&Ciger | Comments(0)

ロンドンの買い付け

c0094013_4441841.jpg

1月24日
スカイプで電話をする約束の日なので、早朝5時に起きました。
たぶん、日本はお昼過ぎのはずです。

しかし、いくら待っても相手(ダンナ)が繋げてくれない・・・
後日聞いたら「忘れてた~」とのことでした・・・
ううっ・・・2時間PCの前で待ってました。

あくびが止まらないまま「Bloomsbury postcard fair」へ。
ホテルの宴会場で開かれる、ポストカード、シガレットカード、
古い紙物のフェアです。

毎月、開催されるらしいです。
私は、今回が初めてです。

あまり広くない会場に、カード屋さんがビッシリ。
他のフェアと同様に、入場料を払って会場図を貰い順番に見て行きます。

すると・・・結構ありました!
それに安いです。日本円で80円くらいのコーナーを作っているお店が
遠くに見えて、とっても驚きました。見たい!・・・けど、時間が・・・
結局、時間不足でたどりつけず、見れませんでした。

私の今日の使命は、イギリスっぽい可愛いカードと頼まれ物など
探さなければならないのです。

少しずつですが、お人形やウサギ、クマさんなど持っているブースが多かった
です。お店の方々も、みなさん優しい穏やかな感じの人たちばかりでした。

パリのフェアでは、皆さんシャンパンやワインですが、
ロンドンの方々はビールを飲みながら、のんびりと店番しています。
いいなあ・・・

今日は、結構可愛いカードが沢山買えました。
途中でお金を下ろしに行ったくらいです。

でも、今回の買い付け・・・まだまだ全然、枚数が足りません。
後半、探せるのでしょうか・・・心配です。


写真は、昨年の秋にロンドンで開催された「Picture Postcard Show」
の会場の様子です。年に1回だけです。

このShowは、イギリス中やフランス、ドイツ、オランダからも業者が集まります。
入場者も沢山。会場前から並びました。
広い会場は、2日間びっしりかけなければ見切れません。
状態の良いカードが沢山。ただし、ちょっと高かったです。
# by chococo_paris | 2010-02-18 05:25 | *買い付け日記 | Comments(0)

ロンドンの蚤の市*3

c0094013_1122556.jpg
1月23日 早朝から「Camden Passage」の蚤の市へ。
とても小さいですが、結構安くて可愛いものが探せます。女の子向きです。
でも、今日は特別なものは見つからず、上の写真の可愛いジャムスプーン
とお花模様のバターナイフを買いました。他の蚤の市と比べて一番安かったです。
c0094013_0463465.jpg
午後からは、昨日も訪れた「Portbello」の蚤の市へ。
ロンドン最大の蚤の市です。朝から大勢の観光客で、歩きづらいです。
ここは、長~い商店街プラス、通りにテントの蚤の市がずら~と、
といった感じです。

ストール(テントの)を急ぎ足でさーっと見て、目ぼしいものが無いことを確認して、
屋内のレース屋さんへ。

去年仕入れた何軒かを見たのですが、新しいものが増えていない感じです。
それに、去年と大きく違うところは・・・

「安くするから買っていって。」という、信じられない接客を皆さんしていました。
去年、絶対に値引きしてくれなくて、そっけなかったおばさんも
「どれが欲しいの?特別に安くしてあげるわよ。」
「????」耳を疑いました。
店頭にある在庫を、少しでも減らしたい
・・・という気持ちがあるのだと思います。
おかげで、昨年諦めた可愛い衿を買う事が出来ました。

本当に、不景気なんですね。

昨年、賑わっていた屋内の蚤の市、今年はガラガラです。
外のストールには人々が群がっているのですが、
それも見ているだけだったり、アジア人(日本人含む)は写真を撮るだけ。

屋内で古いカメラと写真のお店で、おじさんにすごく丁寧に接客してもらい、
子供の肖像写真を3枚買ったのですが、

「また、絶対来てくださいね。待っています。」
はいはい、さようなら~と帰ろうとすると、

「本当にありがとう・・・あなたが、今日の最初のお客様です・・・」
と、か細い声で寂しそうにつぶやかれました・・・
最初って・・・もう午後の3時です。そろそろ店じまいです。

まだ、あの最後の言葉と寂しそうな表情が心に残っています。
もう逢えないような気がします。

昨年沢山仕入れたレース屋さん、フランス人のお姉さんがいるのですが、
最初、すっごく高かったのに、フランス語でおしゃべり出来たのが嬉しかったらしく
最後には「えっ!いいの!??」という値段に下げてくださいました。
で、今年は沢山買おう!とお店に行くと・・・商品が、レースが無い・・・
去年のお姉さんは、がらりとした売り場で、隣のお店の人とずーっと
おしゃべりしていました。がっかりして、次のお店に。

上品なマダムが居るこのレース屋さんは、とても状態の良いものが揃っています。
だから高いんです。でも、去年、沢山買ったら値引きをしてくれましたので、
それを狙って沢山仕入れました。ドール用の細幅レースやドールの洋服、
ソックス、ボンネットなども可愛いものが揃っています。c0094013_146485.jpg「もしかして、ドールの洋服を作るのに探していらっしゃるの?素敵なスカート着てらっしゃるから。」と、頼んでいないのに次々沢山出して下さり、「ほら、これドールのスカートにいいわよ。これも、これも・・・」
なんだか、とてもお安くしてくれました。(元が高額なのですが・・・)


細幅のパステルカラーのレースが沢山買えて嬉しかったです。
一部、オークションに出品中です。

夕方は、カードの蚤の市に行きましたが、
全くダメで、とてもがっかりして中国レストランでヤケ食いして帰りました。
c0094013_214618.jpg
大好きな北京ダックと、ローズティーです。青島ビールも忘れずに。

Camden Passage Islington
http://www.camdenpassageislington.co.uk/

# by chococo_paris | 2010-02-17 02:25 | *買い付け日記 | Comments(0)

ロンドンの蚤の市*2

c0094013_23531098.jpg

1月22日
午後からは「ALFIES Antique Market」へ。屋内の蚤の市です。
去年ここのレース屋さんで結構仕入れたので、今回もと。

・・・殆ど閉まっていました。
普段、開けているだろうと思われないお店も結構ありました。
去年のレース屋さんも人が居なくて、ちょっと覗いて値段を見ると・・・
すっごく高いです。
去年閉まっていたカード屋さんも、やっぱり閉まっている。
なんだか人の気配の少ない感じでした。
もう行かないと思います。

次に「PORTOBELLO ROAD」へ。
平日は、開いているお店もまれにあるのでちょっとだけ・・・と、
着いて突然の大雨。
c0094013_0105844.jpg
歩き回るのは諦めて、キャスキッドソンのお店が目に入ったので雨宿りついでにお土産をと、パリの友人の可愛い子供に、花柄のクマさんを買いました。

ふわふわで柔らかくてすごく可愛いです!
喜んでくれるかなあ。




帰りがけに道を見ると、雨の中でも何件かアンティークのストールが出ていました。
そこで、可愛いスミレのティーカップをゲットしました!

さっさとお部屋に戻って、ダンナにスカイプで電話。
c0094013_0233684.jpg夕食は、近所のインドレストランで、グリル料理をいただきました。

ロンドンに来ると、必ずインド料理を食べます。
植民地にしていただけあって、インド人が沢山住んでいて、インド料理が美味しいからです。

(というか、イギリス料理は・・・食べれたものじゃないので。)

ホントは暖まりたくて、カレーが食べたかったのですが、ホテルの近所の3件とも
グリルメインのお店でした。大好きなサイダー(シードル、りんごの発泡酒)
とともに、おすすめグリルセットを。
ナンにお肉が沢山入っていて、つまみになりました。

ALFIE’S ANTIQUE MARKET
13-25 Church Street, NW8
火~土曜日10:00-18:00
最寄駅: Edgware Road or Marylebone Road


PORTOBELLO ROAD
Portobello Road, W11
土曜日05:30-17:00
最寄駅: Ladbroke Grove or Notting Hill Gate
# by chococo_paris | 2010-02-16 00:40 | *買い付け日記 | Comments(0)

ロンドンの蚤の市

c0094013_4274482.jpg

1月22日
早朝07h00、ホテルからTAXYを呼んで「Bermondsey Market」へ。
金曜日の早朝からお昼過ぎころまで開かれます。

去年の秋に訪れた時は、何も収穫無しだったのですが、
「早朝に行けば、掘り出し物が沢山」とか「プロのディーラーも
仕入れに来ている、とても有名なブロカント」等の情報を得てしまい、
「そうか!早朝ならいいものが・・・」と張り切って行きました。

友人も住んでいたことのあるこの界隈は、とても治安が悪いらしく
TAXYが必要!という事でしたが、全然!パリより、ずっと安全な感じでした。
不良たちが住んでいるらしいですね。夜は危険かも。
c0094013_4353993.jpg

プロらしい方々が沢山。
懐中電灯(チラチラして邪魔!)持って物色しています。
日本人のプロっぽい方々も結構いらっしゃいました。

しかし・・・やっぱり、私の欲しいものはありませんでした。
ティン缶1個とポストカードを3枚・・・だけ。

本当はあるんですけど、高いんですよ。可愛いブローチやロザリオ。
私の予算じゃ、とても買えません。

シルヴァーのカトラリーが沢山売られていました。
これらのお値段は手ごろでした。

せっかくTAXYで来たのに、収穫少なしで時間が余り、
会場内の屋台CAFEでひと休み。
c0094013_4423169.jpg

カプチーノが本格的で美味しい!と、思ったら、
お店のおじさんがイタリア人でした。


・・・ああ、やっぱり最初に予定していた郊外の大きなブロカントに
行けば良かったな・・・と少し後悔しました。
# by chococo_paris | 2010-02-14 04:52 | *買い付け日記 | Comments(0)